情報更新日:2016年07月21日

大崎市読書会|文芸サークル「ことだまひろば」 【大崎市及び近郊】

ことばのチカラを信じ心象・思考の表現を楽しむ場

ことばのチカラを信じ心象・思考の表現を楽しむ場

文章を読む、書く、考える・・・言葉と向き合う時間を増やして分かちあえたら・・・そんな思いで、2012年5月~文芸サークル「ことだまひろば」がスタートしました。主に課題本を決めてメンバーで読みあい、語り合う「書評カフェ」が中心です。今後いろいろと活動を広げて行きたいと思います。参加をしてみたい方は、ぜひご一報ください。

★参加者の声
・本を読んで考える時間が作れている
・同じジャンルばかりだったが分野が広がった
・新しい作家さんの作品に触れられた
・一人では理解できずもやもやも解消された
・他の方の読み方を聞いてさらに読み込めた
・読み方に個性があって面白い読書会だ

インフォメーションInformation

名称 大崎市読書会|文芸サークル「ことだまひろば」 フリガナ ブンゲイサークル「コトダマヒロバ」
住所 宮城県大崎市 E-mail お問い合せはこちら
活動日 奇数月第3月曜(不定期)19:00-21:00 活動場所 クラフト木村(宮城県大崎市古川駅前大通1-143-3) お問合せ先 Tel:0229-23-7211
会費 1回500円(会場代・お茶代) 規約 ★年齢・性別・社会人・学生不問 ★政治・宗教、その他の販売活動禁止

ピックアップニュースPickupNews

2016/07/21

8月22日(月)「ことだまひろば」の課題本

今年も4月・6月と2回開催しています。
書評サークルことだまひろば」

次回の開催のお知らせです。
この本を題材にした書評に参加してみたい方は
年齢・性別・居住地問わず、ご参加いただけます!

日時:8月22日(月)19時~
会場:クラフト木村さん2F
参加費:おひとりさま500円(会場代・お茶代)
課題本: 穂高 明 著 「青と白と 」 ←アマゾンの購入ページが開きます。 

★アマゾンより 商品の説明

内容紹介

都内に住む作家の悠はあの日、歯を食いしばりながらテレビを――故郷・宮城を、家族を襲う津波を見ていた。これは、葛藤の記憶。

内容(「BOOK」データベースより)

これは、悲しみにうちひしがれながら描く葛藤の記録。そして、永遠の記憶。故郷・仙台を、激震と大津波が襲った。東京にいる「私」は、その時テレビの画面を見つめることしかできなかった。あれから、5年―宮城県仙台市出身の気鋭作家・穂高明が、迷い、苦しみながら書き上げた、魂の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

穂高/明
1975年、宮城県生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。2007年『月のうた』で第2回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

バックナンバー